2009年05月10日

熟年離婚が増えた背景

熟年離婚は2002年を境に一時減少していたのですけれども、2007年4月を迎えるや離婚件数が急増しました。
一時的に熟年離婚件数が減ったのは、制度が開始されるタイミングを見計らった為とされており、以前の制度では老後の不安を抱えて結局断念してしまっていた専業主婦たちも、離婚を進めやすい状況となっていますよね。
昔なら、結婚は一生に一度のことで、夫婦は最後まで添い遂げるべきと捉えられ、離婚した方は性格などに大きな欠陥があるからだと陰口を叩かれてしまうことが多かったようです。
posted by キリコ at 11:58| 厳選情報